2017-06-24

古い地図と地球儀と

こちらの古い地図。正確に言うと「地図型パズル」(5県分が欠損しています)

先日の大阪イベント中の散策(放浪とも言う)でたまたま見つけたこちらのお店で出会いました。

家具とアンティークのお店 ANdo

場所は「平野橋」のたもとです

部分的に拡大して見てみましょう

1844年との表記

ですが、1844が「出版年」とは限りません。
年代を判定するためのヒントが地図上に隠されているに違いありません

懐かしい南フランス。フィゲラスの表記も見えますが、特にヒントはありません。

ん?サルデーニャ王国? なるほど、イタリア統一前だということが分かりますね!

ん? バーデン大公国?

ん?? ドイツ連邦??

フランス革命後のヨーロッパの歴史に詳しくない方(僕を含め)に、時代の流れを理解するためのヒントを
なんとなくつかめましたか?

「ドイツ連邦(Confédération gérmanique)」については補足が必要ですね。旧西ドイツの正式名称「ドイツ連邦共和国」とは違い、本来なら「ドイツ連合」の方がより正確かと思われますが、1815年のウィーン議定書(ウィーン会議での取り決め)によって誕生した国家連合です。
プロイセンとオーストリアとの間の戦争(普墺戦争、1866)の結果、解体されます。その後、年表にもあるように東側ではオーストリア=ハンガリー帝国、西側ではプロイセンを中心に北ドイツ連邦→ドイツ帝国が誕生します。

というわけで、以上から確実に言えるのは、この地図は「1844~1860の間に制作された」ということなので、少なくとも157年前の物だということになります。

さて、なぜ僕がこの地図(型パズル)が欲しくなったかと言うと、2012年にパリに行った時に買ったこちらの地球儀を持っているからです。

土台の部分は壊れていたので自分で補修しました

残念ながら年代の表記はないのですが、売り主は「19世紀のものだ」と言っていました。
この地球儀については、オークションで同様の物が出品されています。これとかこれなど。やはり19世紀末とされています。

では、ヒントを探してみると
日本の表記がEMPIRE DU JAPON、すなわち(大)日本帝国となっています。
ということは、1868年の大政奉還後だと分かりますし、「Corée」とあるので、日韓併合前、そして

「Empire chinois」は「清」なので、いずれも1910年、1912年前だと分かります。

他に何かないかと探してみると、
「ETAT DU CONGO」とあります。
これは、「コンゴ自由国」だと思われます。
この説明によると、1885-1908年に存在した「ベルギー国王の私領地」ということで、「国民」はかなりひどい扱いを受けていたようです。

以上。僕の適当な分析なので、興味のある方はどうぞご自分でお調べいただき、もし間違い等があればご指摘ください。

いずれにしても、こうやって古いものからいろんな情報を得て勉強できるのは面白いですね。この地図上で、いろんな出来事が起きていたんだなあと想像できますし。

しかし、アンティーク品に対する興味は男女で割とはっきりと分かれるようで、こういった地図などに興味を示すのは、ほとんどの場合男性だということは、骨董屋さんの間でも共通の認識のようですね。


2017-06-22

浴衣の季節ですね

以前、神社での手作り市に出展する時は、よく浴衣を着たものでした。

これは4年前の写真。遠目には、今とそんなに変わってませんよね?

今日(21日)は東京に戻る予定でしたが、大雨による新幹線の運行中止で帰京は取りやめ。先日知り合ったトリエの寺本さんが出店する、梅田阪急祝祭広場の催事を見に行きました。

新作の雪花絞りがオススメとのこと
他社のブログですが、雪花絞りの説明があります

薄い藍色

若干緑っぽい

どちらが似合うでしょうね?

寺本さんと。テーブルの上の日本酒は残念ながらディスプレイ。

大阪のみなさん、今週は梅田、7月1日からは難波・高島屋でトリエの着物がご覧いただけますよ!

2017-06-18

出会いが連鎖した一日

イベント明けの日曜日、前々から気になっていた所に行ってきました!

イベント中の友人との会食の帰り道、ふらふらしていたら、こちらのビルを通りかかりました。

実は、インスタでフォローしているアクセサリー屋さんが入居しているので、ずっと気にはなっていたのですが、どこにあるかは知らなかったのです。


昭和の素敵なビルですが、中の写真は撮っていません。ぜひみなさん、ご自分の目で確かめてください!

こちらが、お目当てのお店「ariane」。フランスのアクセサリーを扱っていらっしゃいます。マダムと長々とお話して、「そろそろおいとまします」と言ったところ、お友達マダムを紹介していただいたので、次の目的地へ

こちらが「船場ビルディング」。
先程の農林会館は昭和ですが、こちらは大正!

屋上庭園があり


中庭があり、吹き抜けになっています!

レンガに見えるのは、実は「木」なのです!

お目当てはこちらのお店「& Do's Niko




マダムと1時間半ほどおしゃべりして、再会を約束しましt!

ところで、この1日の始まりは、こちらの「宿」
新世界に4月にオープンしたばかりと言うHOME HOSTEL OSAKA

キックボードの部品が金属疲労で折れてしまったので、とりあえず自転車を借りたくて、ネットで調べたレンタサイクル屋に行ったらweb登録が必要だと言われ、こちらはアナログを希望していたので、朝日劇場あたりにあると適当なことを言われてさまよっていたらこちらに出会ったのでした。

上記のレトロビル探訪を終えて帰ってくると、今日は習字イベントの日だということで、字の汚い僕は嫌々ながら、賑やかしにと参加しました。


特に書きたい字もないので、とりあえず大阪を練習

 これでも、先生に指導してもらいましたよ!

本番は団扇に、ということで裏面は「代々木」に
骨があるから書きにくい!という言い訳はさておき、「代」の字が細すぎですね。。
そして、バランスを大きく乱してしまいましたね。

こちらの宿、素敵な屋上があります!

家族経営で頑張っているので、ぜひ応援してあげてください!
東京からのお客さま、大阪のディープスポットでのお泊り、いかがですか?

ということで、出会いが出会いを生むような、盛り沢山の一日でした~

楽しい楽しい6日間でした!!

大阪・天満橋のマルゼンボタンギャラリーでの「コーディネート&アクセサリー展」は、最終日も終了時間まで大盛況(嘘ではない!)のうちに終了しました!

期間中のブログ記事をご覧いただければ分かりますが、今回のイチオシの一つだったアンクレットは、本当に多くのみなさんに作っていただき、とてもうれしいです!


こちらは、「開脚トレーナー」(他にも肩書きはいくつもお持ちですが)の、りつえさん
胸元には、
アンクレットと同じ、ターコイズのひと粒ペンダントが輝いています。いい、色のとり合わせですね!

他にも



こちらは花びらメインで。

この夏はぜひ、大胆にロールアップした足元に、ガラスのアンクレットで涼を演出してください!

今回は他にも、「羽」がとても好評でした!

こちらは、ギャラリーのすぐ近くでヒーリングサロンをされている、ルリさん

そしてこちらは、珍しく男性のお客さま

着物ブランド「トリエ」の寺本さん
なんと(と言うほどでもないですが)同い年でした!

トリエは、21日から阪急百貨店梅田店の催事に参加されるとのことなので、お近くの方はぜひ足をお運びください。僕も帰京前に寄ろうと思っています。

こんなに楽しい出会いの多かった今回のイベントですが、8月にも企画されています!
詳しい内容は現在協議中とのことですが、夏らしく、浴衣中心のコーディネート企画となるようです!

bulles en cielも、和装にも合うアクセサリーをご用意する予定ですので、ぜひお楽しみに! もちろんアンクレットも、下駄や草履にもピッタリですよ!


2017-06-17

あっという間に最終日です!

大阪・天満橋のマルゼンボタンギャラリーで開催中の「コーディネート&アクセサリー展」は、あっという間に明日土曜日(17日)で最終日となります!

入梅したにもかかわらず、雨も降らず、湿気も少ない、理想的なイベント日和の5日間でした。きっと明日の最終日も、過ごしやすい1日となることでしょう。

さて、今日も多くのみなさんに楽しんでいただけました!

まずは、偶然にもイヤリング派の御二人
涼しげな、羽のイヤリング

そしてこちらは「花びらピアス」を若干加工して、イヤリングでも楽しんでいただけるようにしました


なんとなく、紫陽花っぽい?

今日の服との相性バッチリですね!

こちらの方は、ギャラリー付近での仕事がてらお立ち寄りいただきました!
ちびっこいテントウムシのガラスも可愛いですね!

さて、今回こういうイベントには初参加の、オリジナルヘンプ衣料ブランド「sana maria」の商品とのコラボで写真撮影をしました。

こちらの写真は「ビフォア」
まあ「普通」ですよね

それがスタイリストのアドバイスに従って背筋を伸ばすと


どうぞ見比べてください
 どうでしょう、バストサイズが2カップほどアップしたのではないでしょうか?!

いやぁ、姿勢って大事ですね!

ヘンプは100%だと硬め。そこでこちらの商品はヘンプ45%、綿55%で作られています。重過ぎず硬すぎず、肌触りのいい仕上がりとなっています。ぜひ肌着などをお探しの大阪の皆さん、試着においで下さい!

冒頭でもお知らせした通り、明日が最終日。会場のマルゼンボタンギャラリーは、谷町線天満橋4番出口からすぐのところにあります。17時過ぎから徐々に片付け始めますので、早めのお越しをお待ちしております!